マナド & レンベ – スラウェシ島

透明度の高いブナケン島のウォールダイビング、世界的に有名なマクロサイトのレンベ、短期間のトリップで2つの海を楽しめる贅沢ツアー
[ 初心者 ] [ マクロ ] [ ワイド ] [ 食 ] [ 文化 ] [ ファミリー ]

マナドは、スラウェシ島のミナハサ半島最北端に位置する、北スラウェシ州の州都。マカッサルに次ぐスラウェシ島第二の都市。マナド市内はミナハサ民族の魅力がたっぷりです。

北西にあるブナケン島は、周辺のドロップオフ直下型ウォール(壁)沿いにウォールダイビングが主流。ブルーウォーターにカスミチョウチョウウオやヤマブキスズメダイが群れ見事な色彩と、珊瑚の斜面、洞窟、峡谷に差し込む太陽光などの壮大な地形です。またウォール沿いはグリーンタートルの住処で大きなカメ達に出会えます。

東側にあるレンベ海況は、マクロの生物の宝庫で世界的に絶大なる人気を誇ります。固有種であるバンガイカーディナルフィッシュ、ヘアリーフロッグフィッシュ、ミミックオクトパス、アンボンスコーピオンフィッシュ等など、好きな人にはこれだけでお腹一杯です。
ワイド&マクロと2つの異なる世界を楽しめるツアーです。

シーズナリティー SESONALITY
乾季は3月から12月まで。1月、2月は雨が多く波が高くなる

季節 透明度 水温 見どころ
3−7月 15-20m 29℃ シーズンインで魚影が濃い
8、9月 30m 27℃ 透明海が抜群だが、風が強く水温が下がる
10−12月 20−30m 29℃ 海が穏やかで透明度も良い

ツアー情報 TOUR INFORMATION
ジャカルタ出発 3日間5ダイブ〜
スケジュール例

日本出発 6日間8ダイブ〜
スケジュール例

料金に含まれるもの:
ダイビング、食事(朝昼夕)、日本人添乗&水中ガイド、
最寄りの空港からリゾートまでの送迎車とボートでの移動

含まれないもの:
国際・国内線往復フライト費用 日本−マナド(Manado)間
* 国際線 国内線、各フライトの手配可能です
* 延泊、追加ダイブ可能です

リゾート&ホテル  RESORT & HOTEL
市内中心部の4スターホテル。街の中心にあり港までも近く、歩いてどこにでもいける便利な立地。プールからはマナドの海に沈む美しい夕日が見れます。朝食は豪華でマナドの郷土料理も楽しめます。

まめ知識 RANDOM FACT
治安の良さはインドネシア国内でも有名。ミナハサの人達はそれを誇りとしています。
また、料理が美味しく、ブブゥール ( お粥 ) 、ナシクニン(ターメリックライス)が有名ですが、豚料理がオススメ。豚まん、豚の串焼き、豚肉団子スープは絶品です。是非お試し下さい。日本人同様、現地の人は刺身を食べる習慣があり、中とろが格安でトウガラシでマリネした地元料理や、炭火焼きなどが絶品です。
街を散策すると、噂通り美しいミナハサ女性、 そして乗り合いバスのミクロはそれぞれユニークに改造されていて見ているだけで楽しくなります。
最終日はフライト搭乗まで、島内観光ツアーに案内します。ミナハサ人のトモホン村は高原地帯にあり火山カルデラの美しい風景を望むビューポイントへご案内します。

[注意]  ツアーでは地元の市場に行きますが、ミナハサ人は何でも食べる民族で、ヘビやこうもりや犬などが食用として売られています。犬肉はとてもポピュラーでミナハサ料理のワルンへ行けば必ずメニューにあります。(市場見学は希望者のみですので、ご安心を)
市内の渋滞がひどいのでラッシュ時の移動はなるべく避けたいです。(地元のミクロという乗合バス、一回乗車5000ルピア)

おすすめダイブサイト  DIVE SITE

ブナケン島 Bunaken
ダイビングスタイルはボートダイブで、リゾートから車で5分移動、ボートでポイントまでは40分—50分。

1 マンドリン
ブナケンを代表するサイト。潮がほどよく当たるタイミングを狙う。透明度がよくウォールに大きなスポンジが点在し  カスミチョウチョウウオ、ヤマブキスズダイがたくさん群れ美しい。マクロでは、コンペイトウガニ、ウミシダにゴーストパイプを発見

2 リクアン1、2、3
ウォールのオーバーハングの地形がきれい。ハナダイが多くプリンセスアンティスがみれる。ハタタテダイ、アカモンガラの大群、ハダカハオコゼ多い、メギスも他種見れる

3 ムカ カンプン
このエリアはグリーンタートルの住処となり、ウォールのくぼみは 休むカメが頻繁に見れる。

レンベ海峡 Lembeh
ダイビングスタイルはボートダイブで、リゾートから車で60分移動、ボートでポイントまでは10分—20分。

1 アイル バジョ
サンドスロープの地形でマックダイブ。20m付近がリッチエリアでウミウシの種類が多く、フロッグフィッシュ数匹、ウミシダなどに共生するエビ・カニ、トゲトゲウミウシ、タツノオトシゴ、ココナッツオクトパスなど。

2 TK 3
サンドスロープでフラットな地形。
イッポンテグリ、トラフカラッパ、その他幼魚、ミミック、ココナッツオクトパス、ヘアリーグロッグフィッシュ、ミジンベニハゼなど。

3 タンジュン クブール
ソフトコーラルとガレ場のスロープで、浅瀬はサンゴ礁。
ポントヒ、デビルスコーピン、ウィスカーパイプフィッシュ、各種ウミウシ