バンダ島 – マルク諸島

スパイスアイランド・バンダ島に滞在し、早朝のハンマーヘッドを狙う
[秘境 ] [大物&ワイド] [固有種 ]

マルク諸島の中心地アンボンから180km南下した水深5000mにもなるバンダ海にできた火山島は、ナツメグの原産地で香辛料貿易時代の影響を大きくうけましたが、水中の自然は現代になって訪れたダイバー達をよく受けいれ歓迎してくれているような、そんな波動を感じる島です。
1年で10-12cmと、世界で最も成長が早く豊かなサンゴ礁、水深100mからそびえ立つピナクル、オレンジのソフトコーラルで覆われたウォール、そして、数十匹の群れをなすハンマーヘッドシャークのリバー
奥深い自然や水中世界に出会えるような無限の期待が広がっていきます。
これまで、ほとんど知られていなかった水中世界は、現在、世界中のダイバーを引きつけ魅了し、この島は世界有数のダイブスポットとなる過渡期にある気がします。

カリスマダイブではHatta島に滞在し、毎朝早朝にハンマヘッドシャークを狙います。後半はBanda島のヴィラリゾートに滞在し、有名ダイブサイト、Banda島、Ai島、Run島と潜り、最終日はバンダ島の観光NIご案内する、スペシャルなアイランドホッピングツアーです。

また、10月は期間限定ハンマーヘッドリバーを狙うバンダクルーズも開催しています。
船をチャーターベースと、個別でも受け付けていますのでお問い合わせください。

シーズナリティー SESONALITY
乾季は10月から4月まで。雨季は風波があり島に渡る速ボートが出航せず、大型フェリーのみ運行
10月、11月はコンディションが安定し、透明度が最も良く、ハンマーヘッドが近海にやってくる

季節 透明度 水温 見どころ
10月−11月 30m 26−28℃ 波穏やかでハンマーヘッドの群れが見れる

ツアー情報 TOUR INFORMATION
ジャカルタ出発 5日間8ダイブ〜
スケジュール例

日本出発 7日間8ダイブ〜
スケジュール例

料金に含まれるもの:
ダイビング、食事(朝昼)、日本人添乗&水中ガイド、
最寄りの空港からリゾートまでの送迎車とボートでの移動費用

含まれないもの:
国際・国内線往復フライト費用 日本−アンボン(AMBON)間
* 国際線 国内線、各フライトの手配可能です
* 延泊、追加ダイブ可能です

クルーズ情報 CRUISE
ジャカルタ出発 5日間8ダイブ〜
スケジュール例

日本出発 7日間8ダイブ〜
スケジュール例

料金に含まれるもの:
ダイビング、食事(朝昼)、日本人添乗&水中ガイド、
最寄りの空港からリゾートまでの送迎車とボートでの移動費用

含まれないもの:
国際・国内線往復フライト費用 日本−アンボン(AMBON)間、アンボン–サウムラキ間
* 国際線 国内線、各フライトの手配可能です
* 延泊、追加ダイブ可能です

リゾート&ホテル  RESORT & HOTEL
ハンマーヘッドの聖地、ハッタ島に滞在なので早朝にハンマー出会える確率が高い。
宿はシンプルですが真っ白なビーチとドロップオフの海に囲まれ、島時間を満喫できます。
バンダ島のヴィラは雰囲気がとてもよく町に近くショッピングやお食事に便利な立地です。週一回のビュッフェディナーも定評がある

まめ知識 RANDOM FACT
17世紀初頭、香辛料貿易時代のオランダ東インド会社の拠点があった場所。今でもちょっと市場に顔を出せば、マルク諸島原産のホールのナツメグが豊富に並んでおります。

おすすめダイブサイト  DIVE SITE
ダイビングスタイルはボートで、ドロップオフのウォール沿いをドリフトダイブが主流。

1 Atol Hatta
2 Batu Kapal
3 Pulau Rhun
4 Shark Republic / Serua Island
5 Nildesperandum